紫外線対策・肌タイプの違い 紫外線 シミ・シワを作らないためには

2007年08月20日

紫外線対策・肌タイプの違い

紫外線量が年間を通して増えてくるのは4 月から9 月といわれています。

1 日のうちでは午前10 時から午後2 時が紫外線量が多いです。外で過ごすのが楽しくなる時期だからこそ自分に合った紫外線対策を準備しておいたほうがいいでしょう。自分に合った紫外線対策とスキンケアを実践することが大切です。


紫外線対策は肌タイプによって必要度が違ってきます。

一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。あなたの肌はどちらのタイプかを理解しておくことが大事です。

どちらのタイプだとしても紫外線対策は必要ですが、自分に合った紫外線対策を理解しておくことで、より良い紫外線対策をおこなうことができるようになります。


紫外線対策・肌タイプの違い-色白肌タイプの人の場合
色白の肌の人は日に当たると赤くなりやすいといわれています。紫外線のダメージを受けやすいタイプでもあります。日焼け止めをしっかり塗る、服装を工夫するなどの対策が必要です。

紫外線対策・肌タイプの違い-褐色肌タイプの人の場合
褐色の肌タイプの人は日に当たるとそのまま黒くなるといわれています。紫外線には比較的強いタイプでもあります。日焼け止めは軽めでもかまいませんが、過信せずに対策をおこなうことが必要です。
posted by mscr at 23:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 紫外線 知識と対策
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。